こんなに需要があった家族葬

葬儀は、人々が原始時代からおこなってきたことであり、共同体の一員の死を悼む気持ちは、人に本来備わったものであると考えられます。
その気持ちは、大切にされたいものです。

ところが、葬儀は規模が大きくなる一方で、葬儀費用の不透明さもたびたび問題となってきました。
死者と何の関わりもなかった人や組織に仕切られ、遺族はその対応に追われ、死者を悼むどころではない状況に、疑問を持つ人も多かったことでしょう。



疑問を持っても、そうしたことを口に出すのははばかられる風潮がありましたから、つい最近まで、葬儀は旧態依然とした状態が続いていました。


葬儀をおこなう喪主は、近親者を亡くしたばかりで独自の道を探るなどの余裕はありませんから、葬儀社に誘導されるまま、大規模な一般葬をおこなうことになっていたものです。


他に道はありませんでした。


ところがインターネットが登場し、人々は他に道があることを知るようになり、インターネットを使って他の道を簡単に選べるようになりました。



利用者が主体的に選択できるようになって、せきを切ったように増えたのが家族葬です。

インターネットが普及してからのごくわずかの間に、これだけ急激に増え、今や葬儀の3割を占めるまでになったということは、いかに家族葬の需要が高かったかということを示していると言えます。若い世代が急死した場合なら、一般葬が向いているでしょうが、それ以外の場合は、家族水入らずで別れの時を過ごす家族葬が、事実として望まれています。

livedoorニュースに関するアドバイスです。