家族葬をする前に知っておくこと

最近は葬儀にお金をかけたくないという人も増えています。



そこで注目されているのが家族葬です。
家族葬は本当に親しい親族だけで葬儀を行うスタイルで、参列者が限られるため葬儀に広いスペースを必要とせず、飲食などにかかる費用も抑えることができます。

しかも一般参列者に対する気遣いも不要になるので、落ち着いた雰囲気で故人との最後の別れを済ませられるのも魅力です。


ただし家族葬にもデメリットはあります。


まず出席できないということに不満を持つ人の存在です。



保守的な人が身内に居る場合は、事前にきちんと説明しておかなければトラブルを招きかねません。

毎日新聞の為になる情報です。

また亡くなったことを後から知った友人、知人や近所の人がお悔やみに来ることも考えられますので、一般的な葬儀を行う場合より通常の生活に戻る時間が長くなることもあります。


さらに葬儀費用を抑えられるのが魅力の家族葬ですが、場合によっては想定以上のお金がかかることもあります。

それは参列者からの香典を期待できないからです。


一般的な葬儀における香典には相互扶助の役割があり、いただいた香典の一部を葬儀費用に回すことで遺族の出費を減らすこともできますが、家族だけで葬儀を行うとなれば香典を利用することができず、費用の多くが遺族自身の持ち出しとなります。結果として一般的な葬儀を行うのとあまり変わらない出費になる可能性もありますので、葬儀費用を抑えることを主な目的としている場合は一度きちんと計算しておいたほうが無難です。