家族葬ならではのメリット

家族葬は、以前はほとんどおこなわれておらず、30年前にはそうした言葉自体、存在しなかったほどですが、現在では葬儀全体の三割を占めるまでになっています。
わずかの間にこれだけ増えたということは、そうしたいと願っていてかなえられなかった人々がおおぜいいたということでしょう。
かなえられなかったのは、情報がまったくなかったからです。

葬儀の全体像をわかっている人はほとんどおらず、一般の人々が葬儀の情報を得る術はありませんでした。



時折、著名人が家族葬をおこなうという報道がなされ、そうした形態が存在するということを知っても、どうおこなうのかわからず、また、横並び意識もあって、葬儀社に誘導されるまま、大規模な一般葬をするのが通例でした。

家族葬は、一部の特権的な立場にある人々がおこなえる形態、というイメージがありました。



そうした中でインターネットが登場したことで、状況は激変しました。

幅広い分野のエキサイトニュース情報サイトを利用しましょう。

人々は簡単に葬儀事情全般について把握することができるようになり、葬儀をおこなう必要が生じてからインターネットで検索しても、ごく短時間で必要な情報が取れるため、誰もが主体的な選択が可能になりました。
家族葬とはどういうものか、ウェブページで一目瞭然でわかるようになり、次第に利用者が増えたことで、横並び意識から一般葬を選択する必要もなくなってきました。
家族葬では、最後の時間を家族水入らずで過ごせますし、作法やしきたりを気にせずに済むため、亡くなった人を悼むことだけに心を傾けることができます。