家族葬をお願いする前に

あなたは自分が亡くなった時にどのような葬儀をしてもらいたいでしょうか。


今、家族葬を選択する人が増えています。

@niftyニュースについての情報を提供しています。

家族葬の最大のメリットは、遺族がゆっくりと故人とお別れができることです。

一般的な葬儀を行う場合、遺族は近隣知人関係者へのお知らせや弔問客の対応などに追われることになり、ただでさえ精神的に不安定な時期であるにもかかわらず肉体的・精神的、そして経済的にも負担がかかることになります。



愛する家族にそのような多くの負担をかけたくないという思いを持っている人が家族葬を選択しています。



また、著名人が亡くなった際に「近親者のみで執り行われました」といった報道もよくされるようになり、自分の葬儀もプロデュースしたいと考える人も多くなってきているのでしょう。

しかし、もしあなたや親しい人が家族葬にしたいと考えているならば、確認しておかなければならないことがあります。

葬儀後に死を知らされた人から「どうして教えてくれなかったのか」「最後のお別れを言いたかった」などと、不義理であると遺族が周囲から批判されることがあります。

また後になって「お線香をあげさせてほしい」などと弔問客がバラバラにやってくることになり対応に苦慮することも多いのです。

事前に自分の葬儀方法を周知しておくなど、葬儀後にお知らせする方への配慮も必要です。また自分の人間関係や社会的立場を考え、周囲が家族葬を本当に受け入れて貰えるのか考える必要があるでしょう。